>  > 17インチセレナC26系HOT STUFF シュティッヒ レグザス フォーベックス ブラッククリア 7.0Jx17Bluearth エース AE50 215/45R17

音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

ホーム > 病気を知る > 脳・脊髄・神経の病気 > 多発性硬化症

17インチセレナC26系HOT STUFF シュティッヒ レグザス フォーベックス ブラッククリア 7.0Jx17Bluearth エース AE50 215/45R17

たはつせいこうかしょう

17インチセレナC26系HOT STUFF シュティッヒ レグザス フォーベックス ブラッククリア 7.0Jx17Bluearth エナセーブ エース ヨコハマ AE50 215/45R17

多発性硬化症(multiple sclerosis: MS)は、中枢神経系(脳・脊髄・視神経)に空間的・時間的に多発する脱髄(だつずい)疾患で、20~30代の若い年代で発症しやすいことが知られています。ここでいう「空間的・時間的」というのは「中枢神経系内で場所を変えて再発する」、「1ヶ月以上の間隔をあけて再発する」という意味で多発性硬化症の1つの特徴です。

まだ詳しい病因の解明はなされていませんが、中枢神経系の構成成分の1つである髄鞘(ずいしょう)に対する自己免疫反応が重要と考えられています。神経細胞は Sense Brand ワゴンR MH23S フルバックエキゾースト+リアアンダーセット ゾロテール ストレートVer 塗装済 塗装済み、電気活動を適切に行うことで、その機能を果たしています。神経線維は電線の構造と似ていて、軸索(じくさく)といわれる芯の周りを髄鞘が絶縁体のように被っています。この髄鞘が炎症により壊れて中の電線がむき出しになった状態を脱髄といいますが、多発性硬化症では髄鞘に炎症が生じ、脱髄が引き起こされます。

多発性硬化症は、緯度の高い地域に多くまた欧米人に多いといった地域差や人種差があり、我が国では比較的まれな疾患と従来考えられていましたが、平成27年の疫学調査では推定患者数が19,000人を超えており、以前と比べると患者さんは顕著に増えています。また、女性に多い傾向が見られます。

中枢神経系の中でも特に視神経と脊髄に脱髄が多発するタイプが日本では多く、視神経脊髄型多発性硬化症(optico-spinal MS: OSMS)と呼ばれ、欧米人に多い通常型多発性硬化症(conventional MS: CMS)と区別されてきました。この視神経脊髄型多発性硬化症の中には多発性硬化症とは異なる病態と考えられている視神経脊髄炎(neuromyelitis optica: NMO)が含まれており、血液中の抗アクアポリン4(AQP-4)抗体や抗ミエリン・オリゴデンドロサイト糖蛋白(MOG)抗体を測定することで区別することができるようになってきています。

また本疾患は特定疾患に認定されており医療費助成制度の対象となっています。

症状

病変は中枢神経系である脳・脊髄・視神経のどこにでも起こりえるため、様々な症状が出現します。また症状の程度は患者さんによって違います。
起こりうる症状として以下のようなものがあります。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-26362