カロ/KARO フロアマット FLAXY 品番:2421 BMW 1シリーズ E-82 ハンドル:右 FR フットレスト:有 クーペ・MT用(ベルクロストッパー) 2008年02月~


 >  > カロ/KARO フロアマット FLAXY 品番:2421 BMW 1シリーズ E-82 ハンドル:右 FR フットレスト:有 クーペ・MT用(ベルクロストッパー) 2008年02月~

 カッコーの巣の上で(One Flew Over The Cuckoo's Nest)

カッコーの巣の上で
1975年製作
監督
ミロス・フォアマン
製作
ソウル・ゼインツ
マイケル・ダグラス
脚本
ローレンス・ホーベン
ボー・ゴールドマン
音楽
ジャック・ニッチェ
出演
ジャック・ニコルソン
ルイーズ・フレッチャー
マイケル・ベリーマン
ブラッド・ドーリフ
ウィル・サンプソン

 

<評価>★★

<あらすじ>
マクマーフィ(ジャック・ニコルソン)は、刑務所内での粗暴が元で精神病院に送り込まれる。 規律や規則に縛られるないマクマーフィの言動が、鬱屈した入院患者達の心に明るさを取り戻させる。 しかし、その言動が婦長ラチェッド(ルイーズ・フレッチャー)を初めとする院内の秩序維持に固執する病院経営者の反感を買うことになり、 マクマーフィは目をつけられることになる。 病院の保守的で権威主義的な体制に嫌気が差したマクマーフィは脱走を試みる。

<感想>
1975年のアカデミー授賞作品。 自分の信念以外には何も持たないアウトローと圧倒的権力を持つ体制との対決もの。 自分では巣を作らないため、本来は存在するはずのないカッコウの巣に精神病院を例えているのは面白い。 生きる希望もなく、世間の煩わしさからただ逃げているだけという入院患者達の演技は真に迫っていて良いのだが、 なぜ自らの意思で入院することにしたのかが今ひとつ判然としないので、話に厚みが感じられない。 特にインディアンであるチーフについては、なぜ入院することになったのかを掘り下げて描いて欲しかった。 名作には違いないだろうが、25年以上も昔の作品ということもあり、ストーリーの古臭さ、野暮ったさは否めない。
 
 眼下の敵(The Enemy Below)

眼下の敵
1957年製作
監督
ディック・パウエル
製作
ディック・パウエル
脚本
ウェンデル・メイズ
音楽
リー・ハーライン
出演
ロバート・ミッチャム
クルト・ユルゲンス
アル・ヘディソン
セオドア・バイケル
ラッセル・コリンズ

 

<評価>★★

<あらすじ>
第二次大戦下の南大西洋で米駆逐艦が独Uボートを捕捉する。 数度に渡る爆雷攻撃を潜り抜け、味方との合流を目指すUボートだったが、 米駆逐艦の執拗な攻撃に遭う。 駆逐艦を振り切れないと判断したUボート艦長(クルト・ユルゲンス)は、 抗戦することを決意する。

<感想>
潜水艦映画の古典。40年以上前に製作されたとは思えない良質の作品だが、 艦長同士の頭脳戦に重点を置いているせいか、 爆雷シーン等に迫力が欠けているのが残念。 また、戦争を美化し、 ロバート・ミッチャムとクルト・ユルゲンスを好敵手として描きすぎているのは、 いかにも青臭い。
 
 キャスト・アウェイ(Cast Away)

キャスト・アウェイ
2000年製作
監督
ロバート・ゼメキス
製作
スティーブ・スターキー
ジャック・ラプケ
脚本

FR FLAXY E-82 カロ/KARO フットレスト:有 ハンドル:右 BMW クーペ・MT用(ベルクロストッパー) FR 2008年02月~ ハンドル:右 1シリーズ フロアマット 品番:2421

ウィリアム・ブロイルス・ジュニア
音楽
アラン・シルベストリ
出演
トム・ハンクス
ヘレン・ハント
ニック・サーシー
クリス・ノス

 

<評価>★★★

<あらすじ>
FedEXに勤めるチャック・ノーランド(トム・ハンクス)は主張先へ向けてのフライト中、 大西洋上で墜落事故に遭い、無人島に一人辿り着く。 無人島での生活は過酷で、絶え間ない餓えと喉の渇き、 照りつける日差しと吹き付ける風雨がチャックを傷めつける。 深い絶望感に苛まされながらも、 救出され恋人ケリー(ヘレン・ハント)と再会することを夢見て、 無人島の非情なまでに過酷な自然と闘い続ける。

<感想>
いまさらながら、トム・ハンクスの演技力はさすがの一言。 特に餓えや渇きが癒されたときの表情は他の俳優では、ちょっと真似できないだろうというくらい巧い。 『グリーン・マイル』で尿道結石が治るシーンでもそうだったが、 トム・ハンクスはこの手の本能的・肉体的に何か満たされたときの表情が非情に良い。 また、椰子の実で下痢をしたり、火をおこすのに苦労をするシーンなどは、

、 無人島での生活は確かにこういったものかもしれないと思わせるものがあり、 非常に好感が持てる。 しかし、ラストは余韻を残す感じではなく、 もうちょっとはっきりした終わり方にして欲しかったというのが正直なところ。 もっとも、味がある終わり方と言えばそうとも言える。
 
DIXCEL/ディクセル ブレーキディスクローター SD リア用 ミツビシ LANCER EVOLUTION ランサーエボリューション 年式98/2~00/03 型式CP9A (T.マキネン仕様含む) SD345 6004S Evo./ RS Option 17inch (Brembo)
 CUBE(CUBE)

CUBE
1997年制作
監督
ビンチェンゾ・ナタリ
製作
メーラ・メー
ベティ・オア
脚本
ビンチェンゾ・ナタリ
アンドレ・ビジェリク
グレーム・マンソン
音楽
マーク・コーベン
出演
モーリス・ディーン・ウィン
ニコール・デボア
デビッド・ヒューレット
ニッキー・グァダーニ
アンドリュー・ミラー

 

<評価>★★★

<あらすじ>
男が無機質な立方体(CUBE)で目を覚ます。 見覚えのない部屋を調べるうちに隣の部屋を見つけるのだが、 移動するとトラップにかかり斬殺されてしまう。 別の部屋でも警官のクエンティン(モーリス・ディーン・ウィン)が目を覚ますが、 置かれている状況を理解する前に次々と4人の男女が別の部屋から姿を現す。 初めは警戒しあっていた6人だが、脱出の手がかりをきっかけに団結する。 だが 【USA在庫あり】 アチェルビス ACERBIS 外装キット フルセット 10年以降 RM-Z250 OEM(17年)色 731665 HD店、過度の緊張が心を荒ませ、仲間割れを起し一人また一人と姿を消していく。

<感想>
奇抜な設定と卓越した人物描写で人間の狂気を描き出すカナダ産サスペンス。 低予算(約5000万円)映画とは思えないほどの出来で、 途中で飽きを感じさせることなく一気に見せる手腕は、新鋭監督とはとても思えません。 ただ、舞台設定の奇抜さ・面白さに対して人物設定があまりにもありきたりなのは非常に残念。 それと謎解きも辻褄があってないように感じられるのは気にかかるところ。 エンディングは批判精神が旺盛すぎるせいか、後味はあまり良くはない。 あと本編のおまけとしてついている『ELEVATED』も、 密室での心理をよくとらえておりなかなかの秀作です。 恐さという点でいえばこちらの方が数段上でしょう。
 
 ギルバート・グレイプ(What's Eating Gilbert Grape)

ギルバート・グレイプ
1993年製作
監督
ラッセ・ハルストレム
製作
メール・テパー
ベルティル・オルソン
デビッド・マタロン
脚本
ピーター・ヘッジズ
音楽
アラン・パーカー
出演
ジョニー・デップ
ジュリエット・ルイス
レオナルド・ディカプリオ
メアリー・スティーンバージェン
ダーレン・ケイツ

 

<評価>★★

<あらすじ>
アメリカの片田舎でギルバート・クレイブ(ジョニー・デップ)は、 2人の姉妹と脳障害のある弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)、 そしてソファーから動くことなく食べつづけていたためにブクブクに太った母親と暮らしていた。 ギルバートは母親の食費を稼ぐために、 大手スーパーにお客を取られて閑古鳥が鳴いている食料品店に勤める一方、 アーニーの面倒をほとんど一人で看ていた。 そんな家族のためだけに生きる生活を続けるギルバートだったが、、 トレーラー・ハウスで祖母と旅を続けるベッキー(ジュリエット・ルイス) との出会いをきっかけに人生を見つめ直していく。

<感想>
家族について考えさせられる作品。 美談になるような特別なことは何もなく、 淡々とクレイブ一家の暮らしを描いているので、 盛り上がりには欠けるがそれが逆にこの作品に味わいを与えている。 ジュリエット・ルイスとの出会いをきっかけに 徐々に人間らしい感情を取り戻すジョニー・デップの演技には好感が持てる。 また弟役を演じるディカプリオの好演も光っている。
 
 疑惑の幻影(Shadow of Doubt)
疑惑の幻影
1998年製作
監督
ランダル・クレイザー
製作
アダム・クライン
脚本
マイラ・ビアンカ
レイモンド・デフェリッタ
音楽
ジョエル・ゴールドスミス
出演
メラニー・グリフィス
トム・ベレンジャー
クレイブ・シェイファー
ヒューイ・ルイス
ウェイド・ドミンゲス

 

<評価>★

<あらすじ>
大富豪の娘、ジャナ・キャロウェイ殺しの容疑者としてボビー・メディーナ (ウェイド・ドミンゲス)が逮捕されるが、ボビーは無罪を主張し、敏腕のキット・デヴァリュー (メラニー・グリフィス)を弁護人として雇う。 キットは調査を進めていくうちに、ジャナとサクソン上院議員に性的関係があったことがわかり 、 ボビーの弁護を展開する。果たして、ジャナを殺したのは一体誰なのか。

<感想>
個人的にはもの、法廷もの映画は好きなので、 それなりに楽しめましたが、ストーリーもありきたりで、 盛り上がりにも欠けていた。
 
215/50R17 91V TOYO TIRES トーヨー タイヤ SD-7 エスディーセブン FINALSPEED GR-Volt ファイナルスピード GRボルト サマータイヤホイール4本セット
 銀行崩壊(Rogue Trader)

銀行崩壊
1998年製作
監督
ジェームズ・ディアデン
製作
ジェームズ・ディアデン
ジャネット・デイ
ポール・ラファエル
脚本
ジェームズ・ディアデン
音楽
リチャード・ハートレイ
出演
ユアン・マクレガー
アンナ・フリエル
イヴ・ベネトン
ベッツィ・ブラントリー
キャロライン・ラングリッシュ

 

<評価>★★

<あらすじ>
ニック・リーソン(ユアン・マクレガー)は、念願のトレーダーになるべく名門ベアリング銀行に就職した。 初めに与えられた仕事は、ジャカルタに放置されている1億ポンドにも及ぶ値崩れを起こしていた債券の現金化だった。 誰にもできないと思われていたことをアシスタンとして派遣されてきたリサ(アンナ・フリエル)と共にこなしたニックは、 上層部に認められシンガポール国際金融取引所の先物取引部門を任される。 一目見て惚れてしまったリサとの結婚も果たし、徐々に実績を積み上げていき全ては順調のように見えたが、部下が2万ポンドの損失を出してしまう。 失敗を追求されることを恐れたニックは、その穴埋めのために顧客の金を無断で運用し始める。 しかし、相場はニックの思惑とは違った動きを見せたために、損失が莫大に膨れ上がった。 追い詰められたニックは今までの損失を穴埋めするべく無謀ともいえる賭けに出る。

<感想>
1995年に英国で230年の歴史を誇ったベアリング銀行を破綻させた男・ニック・リーソンの手記を映画化。 銀行トップの管理能力のなさや利益を上げていれば何をしても大抵のことは許されるということが良く描かれている。 また、失敗を誰にも打ち明けられずに泥沼に嵌っていくニックの様は違和感なく観れるので非常に良い。 それに対して グッドイヤー ベクター Vector 4Seasons Hybrid オールシーズンタイヤ 195/55R16 HotStuff 軽量設計! G-SPEED G-03 ブラック ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +48 5穴 100、ニックの部下はあまりにも演技過剰でかなり興醒めする。 また、同じ金融業界を扱った『ウォール街』('87)に比べるとかなり見劣りがするのも残念ながら否めない。 それから、本作に関してだけではないのだが、有無を言わせずに信憑性を与えられると言うだけで、 実話を題材にする最近の傾向はさすがに安直過ぎると思う(実話を元にした話は好きなのだが) それにしても、撮影時は20代だったユアンの腹はあんなに出ていても良いものだろうかと人事ながら心配になった。
 
パルサー(95.1~97.09)FN15 リアディスク■プロジェクトμ ブレーキパッド NS-C フロント用左右セット
 グッドモーニング・ベトナム(Good Morning Vietnam)

グッドモーニング・ベトナム
1988年製作
監督
バリー・レビンソン
製作
マーク・ジョンソン
ラリー・ブレズナー
脚本
ミッチ・マーコウィッツ
音楽
アレックス・ノース
出演

カロ/KARO フロアマット FLAXY 品番:2421 BMW 1シリーズ E-82 ハンドル:右 REVSPEC FR PRIUS(プリウス) フットレスト:有 クーペ・MT用(ベルクロストッパー) 2008年02月~

ロビン・ウィリアムズ
フォレスト・ウィティカ
チンタラ・スカパット
ブルーノ・カービー

 

<評価>★★★★★

<あらすじ>
1965年サイゴンに人気DJエイドリアン・クロンナウアー(ロビン・ウィリアムズ)がクレタ島から赴任してきた。 クロンナウアーに待っていたのは、検閲にかけられたクソニュース、、 品行方正なポルカ、前線の兵士に無理解な直属の上司だった。 しかし、クロンナウアーは大統領をコケにし、粗野なロックをかけまくり、マシンガン・トークでスラングを連発する。 そんなクロンナウアーは上官の反感は買うことになったが、 前線の兵士達に絶大な人気を得ることになる。 また、街で見かけた女の子に近づくために、なかば強引にベトナム人英語教室の教師になるが、 ここでも人気を博することになるのだが・・・・・

<感想>
ベトナム戦争当時、圧倒的な人気を誇っていた、 実在のスターDJエイドリアン・クロンナウアーを映画化。 字幕ではとても追いつかないロビン・ウィリアムズのマシンガン・トークは見もの。 また、ベトナム戦争映画には欠かせない60年代の名曲、 ルイ・アームストロング、ビーチ・ボーイズ、ジェームズ・ブラウン・・・・・ 等選曲も非常に良い。 ベトナム戦争映画の最高傑作でもあり、 ロビン・ウィリアムスの最高傑作でもある本作はまさしく一見の価値あり。 一番のお気に入りのシーンは、バカな上官のせいでDJに嫌気が差していたときに、 偶然前線に向う兵士達を相手にDJをするシーン。 その兵士達の笑顔があまりに無邪気で、哀しくて切ない。 そして、死地へと赴く兵士達を見送るクロンナウアーもまた・・・・・。 死に逝く男たちの笑顔はあまりにも哀しく切ない。
『ヘイ、クロンナウアー、いつものやってくれよ。』
 
 グラディエーター(Gladiator)

グラディエーター
2000年製作
監督
リドリー・スコット
製作
ダグラス・ウィック
デビッド・フランゾーニ
ブランコ・ラスティグ
脚本
デビッド・フランゾーニ
ジョン・ローガン
ウィリアム・ニコルソン
音楽
ハンス・ジマー
リサ・ジェラート
出演
ラッセル・クロウ
ホアキン・フェニックス
コニー・ニールセン
オリバー・リード
リチャード・ハリス

 

<評価>★★★

<あらすじ>
西暦180年、勢力拡大に奔走してきたローマ帝国皇帝マルクス・アウレリウス(リチャード・ハリス)は、 自分亡き後にローマ帝国を率いることができるのは、 兵士から絶大な人気を得ている将軍アエリウス・マキシマス(ラッセル・クロウ) をおいて他にないと考え事後を託す。 だが、それは時期皇帝を狙っていた嫡子コモドゥス(ホアキン・フェニックス)の知るところとなり、 皇帝アウレリウスは暗殺される。 また、コモドゥスはマキシマスの影響力を考え、密かに処刑しようとするが失敗する。 虎口を逃れたマキシマスは家族の元に帰るが、 そこに待っていたのはコモドゥスに惨殺された家族だった。 ショックで放心していたマキシマスは奴隷商人プロキシモ(オリバー・リード)に捉えられ、 剣闘士奴隷として闘技場に立たされる。 奴隷から自由身分になることが難しいと考えたマキシマスは剣闘士(グラディエーター)として勝ちつづけることで、 コモドゥスに近づき復讐を果たそうとする。

<感想>
五賢帝時代末期のローマ帝国をリドリー・スコット監督が圧倒的なスケールで描き出す。 特に冒頭のゲルマニアとの戦闘シーンや第二次ポエニ戦争を闘技場で再現した戦闘シーン等の迫力は素晴らしいし、 セットは迫力があり古代ローマの雰囲気が十分過ぎるほど伝わってくる。 しかし、それだけだとも言える。 特にストーリーの展開の仕方があまりにも雑のような気がしてならない。 まず、奴隷制度が確立していたとはいえ、道端に倒れていた人間を帝国内でいきなり奴隷にするというのは、 いくらなんでも無理があるのではないだろうか? また、前帝アウレリウスの恩顧を全く省みなかったプロキシモが最後の最後に命を賭してマキシマスを 助けようとするところなど最も理解ができない。 これでは、ご都合主義的展開としか言いようがないし、 映画の世界にすんなりと入っていくことができない。 確かに一線級の娯楽映画かもしれないが、心に響くものが全くない。 だが、最後の決闘が終わり引き上げるときに、皇帝が誰にも省みられずに打ち捨てられているのは、 悪の末路といった感じで少し良かった。
 
DIVINE【75D23L 】MFカルシウムバッテリー ◆スズキ:グランドグランドエクスード ◆45D23L 50D23L 55D23L 60D23L 65D23L 75D23L 70D23L他互換
 グリーン・デスティニー(臥虎藏龍)

グリーン・デスティニー
2000年製作
監督
アン・リー
製作
ビル・コン
ヒュー・リーコン
アン・リー
脚本
ジェームズ・シェイマス
ワン・ホエリン
ツァイ・クォジュン
音楽
タン・ドゥン
出演
チョウ・ユンファ
ミシェル・ヨー
チャン・ツィイー
チャン・チェン
チェン・ペイペイ

 

<評価>★★

<あらすじ>
清朝、剣の名手として天下に名を轟かせているリ-・ム-バイ(チョウ・ユンファ)は、 戦いに明け暮れていた日々と決別するために愛剣・碧名剣(グリーン・デスティニー) をティエ氏(ラン・シャン)に献上してくれるように女剣士ユー・シュ-リン(ミシェル・ヨ-)に頼む。 碧名剣を無事に届けたシュ-リンは カーマット フロアマット スバル プレオプラス 24年12~ 2WD/リアヒーター有-スタンダードベージュ、そこで政略結婚させられることになっていたイェン(チャン・ツィイー)と出会う。 イェンは政略結婚をするよりもシューリンのような女剣士になりたいと言い姉として慕うようになる。 そして、剣士に憧れるあまりイェンは碧名剣を盗んでしまう。

<感想>
結婚を目前に控えた思春期の女の子が我儘一杯、やりたい放題に行動して周りに迷惑をかけまくる映画。 イェンの行動原理が本人以外には全くわからないので、悪い意味で展開全く読めない。 また、イェン以外にも軸を置いて話を進めていくのも、ストーリーを分かり難くしている一因だと言える。 だが、武侠映画ではお約束のワイヤーアクションとカンフーを織り交ぜた剣戟は流麗で素晴らしい。 特にシューリンとイェンの戦いは体術、剣術共に申し分なく非常に見応えがあるので、 荒唐無稽なストーリーを無視すればかなり楽しめることは間違いない。
 
 グリーン・マイル(The Green Mile)

グリーン・マイル
1999年製作
監督
フランク・ダラボン
製作
フランク・ダラボン
デヴィッド・ヴァルデス
脚本
フランク・ダラボン
音楽
トーマス・ニューマン
出演
トム・ハンクス
マイケル・クラーク・ダンカン
デビッド・モース
ポニー・ハント

 

<評価>★★★

<あらすじ>
1935年、コールド・マウンテン刑務所で死刑囚舎房の看守主任を勤めているポール・エッジコム (トム・ハンクス)の元に、少女殺しの死刑囚としてジョン・コーフィ(マイケル・クラーク・ダンカン) が送られてくる。 ジョンのあまりの巨体と少女殺しという犯罪歴に初めは警戒をする看守達だが、 数々の奇跡の力を見せ付けられ、ジョンの無実を信じようになる。

<感想>
スティーヴン・キング原作のヒューマン・ドラマ。 電気椅子での処刑シーンが何度かあるが、 ビターバック(グラハム・グリーン)のシーンが一番考えさせられる。 ビターバック自身ほとんどしゃべらないのと、処刑されるべき理由も描かれていないので、 電気椅子での処刑がやけに酷いもの感じられ、死刑制度に疑問を感じてしまうような気がした。 ただ、作品自体は良い者と悪者がはっきり分かれているので、非常に感情移入しやすく、 3時間という長さも全く苦にならなかった。 特にブルータル役のデービッド・モースの人の良さが画面を通して感じられるようで、 非常によかった。 デッドマン・ウォーキングを初め、死刑囚を扱った映画は、やはり涙なくしては観れない。
 
18インチデリカD:5CV系 4WDENKEI パフォーマンスライン PF03 マットダークガンメタリック 7.5Jx18VEURO VE303 225/55R18DUNLOP ダンロップ GRANDTREK PT3 グラントレック サマータイヤ 225/55R17 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ SA-77R ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7.5 +45 5穴 114.3
 グローリー(Glory)

グローリー
1990年製作
監督
エドワード・ズウィック
製作
フレディ・フィールズ
脚本
ケビン・ジャール
音楽
ジェームズ・ホーナー
出演
マシュー・ブロデリック
ケイリー・エルウェス
デンゼル・ワシントン
モーガン・フリーマン

 

<評価>★★

<あらすじ>
南北戦争中に試験的に新設した黒人部隊(第54連隊) を率いることになった北軍大佐ロバート・ショー(マシュー・ブロデリック)。 はじめは白人の指揮官ロバートに反抗的だった黒人兵達だが CREATIVE DIRECTION CDM2 (クリエイティブディレクション CDM2) 15インチ 6.0J PCD:100 穴数:5 inset:45 ピアノブラック KYOHO(共豊) [ホイール1本単位]ky、 次第に信頼を寄せるようになっていく。 しかし、いくら猛訓練をしても軍上層部は第54連隊を前線に出そうとはせず、 後方での重労働に従事させるのみであった。

<感想>
実話を基にした南北戦争中の映画。 黒人奴隷開放のために戦っている北軍にすら黒人蔑視があったことがよく描かれている。
 
クリッパー用 メンバークロスリアセンターNV100クリッパー/リオ 75452-4A00B 日産純正部品
 K-19(K-19)

K-19
2002年製作
監督
キャスリン・ビグロー
製作
キャスリン・ビグロー
エドワード・S・フェルドマン
脚本
クリストファー・カイル
音楽
クラウス・パデルト
出演
ハリソン・フォード
リーアム・ニーソン
ピーター・サースガード
クリスチャン・カマルゴ

 

<評価>★★

<あらすじ>
1961年、核戦略で遅れをとっていたソ連は原子力潜水艦の開発に躍起になっていた。 そこでソ連は原潜K-19を短期間で建造したのだが、 十分な期間も予算も与えられずに建造されたK-19は、 建造中から多数の死者を出しWidowmaker(未亡人製造艦)というありがたくない名を冠せられてしまう。 また、出航間際にクレムリンの意向で急遽艦長として乗り込むことになったアレクセイ・ボストリコフ(ハリソン・フォード) と部下の信頼を一身に集めるミハイル・ポレーニン(リーアム・ニーソン)が訓練の方法などをめぐりことごとく対立する。 艦首脳の確執、練度不足の乗組員、整備不足と問題山積のK-19であったが無事に当初の訓練を終え、 アメリカ東海岸での偵察任務に就くべく大西洋を潜航していた。 全てが順調に思えた処女航海だったが、 突如原子炉の冷却装置でひび割れが生じたため、 炉心温度が上昇し炉心融解の危機を迎える。

<感想>
はっきり言って潜水艦ものとしては非常に不満の残る作品。 ハリソン・フォードはどんなにがんばって観てみてもロシア人に見えないとか色々ありますが、 何よりクレムリンと艦首脳、ボストリコフとポレーニンの対立があっさりしすぎ。 真っ向から意見が対立しているのに、一言、二言、言い争うだけで簡単に引き下がってしまうので、 本当にただ言ってみただけって感じで迫力が全くありません。 『クリムゾン・タイド』のような激しい応酬を期待しているとかなりがっかりします。 これは出航するまでにかなりの時間を割いてしまっているので、 肝心の出航後の事故を十分に描けなくなっているからだと思います。 それなら、出航前のどうでもいい話はカットして、 出航後の訓練方法での確執辺りから始めて 、 一気に炉心融解の危機に持っていき、 その対応を巡っての二艦長の対立に焦点を当てて観せた方が良かったのではないかと思います。 ただ、放射能の恐ろしさが改めてよくわかったことだけは良かったです。 K-19を観るのであれば、 放射能に対しての無知がいかに恐ろしいかを描いたマーチン・シーンの 『ナイトブレーカー』や潜水艦ものの最高傑作『Uボート』などを観る方がいいのではと思います。
 
 恋のゆくえ(The Fabulous Baker Boys)

恋のゆくえ
1989年製作
監督
スティーブ・クローガス
製作
ポーラ・ワインステイン
マーク・ローゼンバーグ
脚本
スティーブ・クローガス
音楽
マルコ・ベルトラミ
出演
ジェフ・ブリッジス
ミッシェル・ファイファー
ボー・ブリッジス

 

<評価>★★★★★

<あらすじ>
シアトルで弾き語りをしていたベイカー兄弟だったが、 仕事が減ってきたので、シンガーとしてスージー・ダイアモンド(ミッシェル・ファイファー) を雇うことにした。 スージーを雇ってからは仕事の依頼も増え、 すべてがうまくいっているように見えたが、 ジャック(ジェフ・ブリッジス)がスージーに好意をよせはじめてからおかしくなりはじめる。

<感想>
実際の兄弟のジェフ・ブリッジス、ボー・ブリッジスの好演はもちろんのこと、 ミッシェル・ファイファーの演技に魅せられます。 ファビュラス・ベイカー・ボーイズを見てミッシェル・ファイファーのファンになりました。 随所に流れるバラードも心地よく、今世紀最高の映画といっても過言ではないでしょう。 いままで見た恋愛映画で、いや、すべての映画の中で最高の映画です。 まさしく大人のための映画。
それにしてもジェニファー・ティリー(最初にオーディションを受けた子ね) ってどこかで見たことがあると思ったら、のるかそるかにもでてた子だった。 全然気づかなかった。
 
 交渉人(The Negotiator)

交渉人
1998年製作
監督
ゲイリー・グレイ
製作
デイビッド・ホーバーマン
アーノン・ミルチャン
脚本
ジェイムズ・デ・モナコ
ケビン・フォックス
音楽
グレイム・レベル
出演
サミュエル・L・ジャクソン
ケビン・スペイシー
デイビッド・モース
ロン・リフキン

 

<評価>★★★

<あらすじ>
交渉人ダニー・ローマン(サミュエル・L・ジャクソン) は年金基金の横領事件を内密に調べていた相棒から深夜呼び出される。 待ち合わせ場所に行ってみると、相棒が車内で何者かに射殺されているのを見つけるが、 通報で駆けつけた警官に警官殺し・年金横領犯として逮捕される。 必死で無罪を主張するローマンだったが、誰にも信じてもらえないために、 ニーバウム警視正を人質にとり、管轄が違うクリス・セイビアン(ケビン・スペイシー) を相手に無実を証明しようとする。

<感想>
サミュエル・L・ジャクソン扮するローマンの話術の巧みさが見るものを飽きさせない。 それなりにテンポもよく良く出来た映画だと思います。 ただ、予告でうたっていたIQ180っていうのが何かの伏線にでもなってるのかと思ったら、 ただ頭のいい交渉人同士の頭脳戦っていうのを、 強調したかっただけなのがちょっと残念といえば残念。
 
コヨーテ・アグリー(Coyote Ugly)

コヨーテ・アグリー
2000年製作
監督
デヴィッド・マクナリー
製作
ジェリー・ブラッカイマー
脚本
ジーナ・ウェンドコス
音楽
トレバー・ホーン
出演
パイパー・ペラーボ
アダム・ガルシア
マリア・ベロ
ジョン・グッドマン

 

<評価>★★

<あらすじ>
ヴァイオレット・サンフォード(パイパー・ペラーボ)は、 ソングライターを夢見てニューヨークで一人暮らし始める。 だが、どこに行っても門前払いを喰らい、テープを聞いてもらうことすら叶わない。 ついには、生活費がなくなったためにバイト探しをしているとバーの”コヨーテ・アグリー” で欠員が出たことを偶然に知り、雇ってもらうように頼みこむ。 初めはコヨーテ・アグリーの過激なダンス・パフォーマンスに気圧されていたヴァイオレットだったが、 徐々に仲間の女性バーテンダーとも打ち解け、自分の歌に自信を持つようになる。

<感想>
ニューヨークのイーストビレッジに実在するバー”コヨーテ・アグリー”を舞台にした青春映画。 娘の成功を願いながらも自分の元から離れていくことに一抹の寂しさを禁じえない父親。 夢を追いながらも男やもめの父親を常に気に掛けている娘。 生きていくことだけで精一杯にも関わらず、彼女の成功のために協力を惜しまない彼氏。 結婚式直後にも関わらず親友のために病院にかけつける友人。 主人公の成功を密かに願うコヨーテ・アグリーのオーナー。 など魅力的な登場人物が清々しい人間ドラマを織り成していると言いたいところですが、 登場人物が例外なくいい人でみんな仲良くやっているので、 話に起伏のつけようがなく、盛り上がりに欠けます。 唯一の売りである美人バーテンダーのダンス・パフォーマンスをやったことで、 満足してしまったような感じがします。 まぁ、そもそも主題歌の『Can't Fight The Moonlight 』を歌っているリアン・ライムスが好きだから観たという程度なので、

カロ/KARO フロアマット FLAXY 品番:2421 BMW 1シリーズ E-82 ハンドル:右 FR フットレスト:有 クーペ・MT用(ベルクロストッパー) 2008年02月~

、 これでもいいかといったところでしょうか。 何も考えずにさらっと観るには良い映画かもしれません。
 
HOME
{yahoojp} {gatoh.sakura.ne.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-89136