>  > 18インチスカイラインV35系WORK エモーション T7R ホワイト 7.5Jx18NANOエナジー 3プラス 225/45R18

女子部「御書池田大学運動」

わが身を尊極の〝宝塔〟と輝かせる妙法4月度「阿仏房御書」

18インチスカイラインV35系WORK エモーション FRONT T7R ホワイト DV 7.5Jx18NANOエナジー 3プラス 225/45R18

 本抄は、日蓮大聖人が、佐渡の門下である阿仏房に送られたお手紙とされます。佐渡流罪中の文永9年(1272年)か、大聖人が身延に入山されてから1、2年のころの御執筆です。
 内容は、御供養に対するお礼と共に スタッドレスタイヤ ヨコハマ アイスガードシックス iG60 185/55R15 82Q & ホライズン ブラックポリッシュ 5.5-15 タイヤホイール4本セット 185/55-15 YOKOHAMA iceGUARD 6 iG60、阿仏房から寄せられた〝法華経に説かれる多宝如来や宝塔は、何を意味するのでしょうか〟との問いに答えられたものです。

御文①

 今日蓮が弟子檀那又又かくのごとし、末法に入って法華経を持つ男女の・すがたより外には宝塔なきなり、若し然れば貴賤上下をえらばず南無妙法蓮華経と・となうるものは我が身宝塔にして我が身又多宝如来なり、妙法蓮華経より外に宝塔なきなり、法華経の題目・宝塔なり宝塔又南無妙法蓮華経なり。(御書1304ページ6行目~8行目)

通解

 今、日蓮の弟子檀那も、また同様です。末法に入って、法華経を持つ男女の姿よりほかには宝塔はないのです。もしそうであるならば、貴賤上下にかかわらず、南無妙法蓮華経と唱える人は、わが身がそのまま宝塔であり、わが身がまた多宝如来なのです。
 妙法蓮華経よりほかに宝塔はないのです。法華経の題目は宝塔であり、宝塔はまた南無妙法蓮華経です。

御文②

 然れば阿仏房さながら宝塔・宝塔さながら阿仏房・此れより外の才覚無益なり 【送料無料】 F:225/50R18 R:245/45R18 OZ フォーミュラHLT F:8.00-18 R:9.00-18 FALKEN ファルケン ジークス ZE914F サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、聞・信・戒・定・進・捨・慚の七宝を以てかざりたる宝塔なり(御書1304ページ9行目~10行目)

通解

 したがって阿仏房はそのまま宝塔であり、宝塔はそのまま阿仏房なのです。これよりほかの知識は、何の役にも立ちません。
 あなたの身は、聞・信・戒・定・進・捨・慚という七つの宝によって飾られた宝塔なのです。

解説

信心の実践を通して自身の可能性を開く

 生命の尊厳を教え、一人一人を最高に輝かせていくのが日蓮仏法です。


 〈御文①について〉
 法華経見宝塔品第11には、巨大な宝塔が突如として大地から出現する様子が説かれています。その大きさは、地球の直径の3分の1にも及ぶとされ、金・銀・瑠璃などの七つの宝で飾られている――大聖人は、この絢爛たる宝塔出現の意義を、「己心の宝塔」を見ることだと教えられています。
 つまり、宝塔の出現の意味は、自分自身が宝の存在であると知ることにあるのです。それは、法華経の会座の聴衆だけでなく、大聖人門下にとっても同様であると仰せです。
 人々の生命が濁った末法にあって、その生命に仏性を呼び顕すことは容易ではありません。それを可能にするのが、「法華経を持つ」――南無妙法蓮華経の唱題行であり、広宣流布のための実践です。
 ゆえに、大聖人は「法華経を持つ男女の姿よりほかにはない」と、現実の中で広布に生き抜く人こそが宝塔なのだと教えられています。宝塔の意味を知った阿仏房の驚きと喜びは、どれほどであったでしょう。
 さらに、大聖人は、身分や社会的立場の違いなど、一切の差別なく、

、南無妙法蓮華経と唱える人は、その身そのままが「宝塔」であり 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:スカイライン(V37系 純正17インチ車)】HOT STUFF Gスピード G01 メタリックシルバー 7.5Jx18プロクセス C1S 225/50R18、「多宝如来」であると仰せです。
 「多宝如来」とは、法華経が説かれるところには、どんな場所でも現れ、法華経の真実を証明すると誓った仏です。まさに、私たち一人一人が、仏法の偉大さを証明する存在であると示されていると拝されます。
 さらに、「法華経の題目は宝塔であり、宝塔はまた南無妙法蓮華経」と仰せです。大聖人は、全ての人の胸中に「宝塔」を打ち立てるため、その明鏡として「御本尊」を顕してくださったのです。


 〈御文②について〉
 大聖人は、阿仏房自身が宝塔であると重ねて述べられ、「これさえ知っていればよいのですよ」と教えられています。わが身が妙法の当体であると確信することこそ仏法の真髄です。
 そして、宝塔が七つの宝石で飾られているように、わが生命を輝かせるのは、「聞・信・戒・定・進・捨・慚」という仏道修行の七つの要件であると示されます。
 つまり、求道の心を持って、妙法を「聞」き、妙法を「信」じ、妙法の「戒」を持ち、妙法を根本に心を「定」め、精進し(進)、信心を第一として〝わがまま〟を「捨」て、反省すべきは率直に反省(慚)していくことが、わが生命を飾る宝となります。わが生命を飾るのは、自身の心と実践なのです。この七つの実践は、全て学会活動に含まれています。学会活動を通し 20インチ サマータイヤ セット【適応車種:ヴァンガード(30系 350S、240S Sパッケージ)】WEDS レオニス FY BMCミラーカット 8.5Jx20Bluearth RV-02 245/40R20、この七つの実践に取り組んでいくことで、私たちは自身を最大に輝かせていけるのです。
 池田名誉会長は本抄の講義で、「私たちの宝塔のスクラムを世界が待っています。人類が求めています。いよいよ『時』が到来したのです」と述べています。
 自他共の生命が、尊い宝塔であることを確信し、偉大な仏法の生命哲学を勇敢に語っていきましょう。

理解を深めよう

T7R エモーション エモーション 3プラス 18インチスカイラインV35系WORK ホワイト 7.5Jx18NANOエナジー ホワイト 225/45R18

 「北国の導師」――日蓮大聖人は本抄の結びで、阿仏房への深き信頼を込めて呼び掛けられています。「導師」とは、広宣流布のリーダーとの意味です。
 佐渡にいた阿仏房は 、もともと念仏の信者でした。しかし、大聖人の教えとその人格の輝きに心を惹かれ、自ら念仏を捨て、大聖人に帰依したのです。以来、阿仏房は、妻の千日尼と共に大聖人を外護し続けていきました。
 当時、佐渡には、大聖人を憎む者、また亡き者にしようと命を狙う者までいました。大聖人は、千日尼へのお手紙の中で、「阿仏房に(食べ物が入った)櫃を背負わせて、夜中、たびたび訪ねてこられたことを、いつの世に忘れられましょうか」(御書1313ページ、趣旨)と綴られています。
 世間的には罪人である大聖人を師と仰ぎ、まして、そのもとに御供養をお届けすることは命懸けでした。しかし、夫妻は住んでいる所を追われるなどの難に遭いながらも、師匠への求道の心が揺らぐことはありませんでした。
 大聖人が身延に入られた後も、師弟の交流は続きました。高齢の身にもかかわらず、阿仏房は千日尼から託された御供養を携えて、何度も大聖人のもとを訪れています。
 大聖人は、佐渡で留守を預かっていた千日尼に対して、「あなたの身は佐渡の国にいらっしゃいますが、心はこの国に来ています」(同1316ページ、趣旨)と励まされています。距離を超える師弟の絆によって ミシュラン PILOT SPORT4 サマータイヤ 245/45R19 MANARAY Lefinada MOTION1 トヨタ・レクサス専用 ホイールセット 4本 19 X 8 +45 5穴 114.3、

18インチスカイラインV35系WORK エモーション T7R ホワイト 7.5Jx18NANOエナジー 3プラス 225/45R18

、夫妻は生涯不退の信心を貫いたのです。

(聖教新聞2014年4月15日付掲載)

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-67416