>  > ヨコハマ アドバン レーシング RG3 RGIII アルミホイール 17×7.0J 4/100 +47 レーシングゴールドメタリック
BRABUS BENZ SL R231 イルミロゴサイドスカートアドオン [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L566 KING LABEL (BK) 22インチ×10.5J PCD:139.7 穴数:6 インセット:63

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報タンパク質サンプル調製・前処理

ヨコハマ アドバン レーシング RG3 RGIII アルミホイール 17×7.0J 4/100 +47 レーシングゴールドメタリック

実験で十分な結果を得るためには、その実験系に適切なタンパク質濃度を知っておくことが重要です。濃度が濃い場合には同じ溶液で希釈すればよいですが、その時点でのサンプルにおけるタンパク質濃度が薄い場合には、何らかの方法で濃縮を行います。ここでは、タンパク質溶液の濃縮法についてご紹介します。

硫安分画免疫沈降などの分画(フラクショネーション)操作も、目的タンパク質の濃縮につながります。

分画・フラクショネーションについての詳細

このページの目次

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-30562