>  > 【N-ONE JG1/2 オートウェア】N-ONE シートカバー モダン ニューベージュ
17インチ サマータイヤ セット【適応車種:プレマシー(CR系 全グレード)】WEDS レオニス FY ハイパーシルバーミラーカットIII 7.0Jx17ZIEX ZE914F 205/50R17

【N-ONE JG1/2 オートウェア】N-ONE シートカバー モダン ニューベージュ

暗示 言い出す 提案 思いつかせる
TOP / henro
- 1 2 3 >>

【N-ONE 【N-ONE シートカバー オートウェア】N-ONE オートウェア】N-ONE JG1/2 ニューベージュ モダン

【N-ONE CALIPER JG1/2 オートウェア】N-ONE MODELLISTA シートカバー モダン ニューベージュ

遍路は人生と同じだ。
道に迷い、右往左往する。
でも、沢山の人に助けてもらった。
太陽が照りつけ、じりじりと焼かれた。
台風の岩屋寺で、石段が永遠に続くのかと思えた。
事故後痛さが残る膝がきしんだ。
大体、なんでこんな事してるんだろうって思った。
そんな時、野の花もお接待してくれた。
こんなちっぽけな私の為に、野花もお接待してくれる。
足摺岬のあのハッとした景色も、忘れられない。
実際のところ、みんな味方だった。
みんな味方だったのだ。
遍路は一生の趣味になる。
あと40年生きるとして、10年に一度とすれば、あと4回できるんだ。
結願しても、人生の修行はまだまだ続く。
行くぞ


posted by あるエンジニア at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2008年05月07日

ギリギリ108寺

いま徳島港を出航。さっそく最後の?うどん。
今日は別格5、15番。GW後だし、別格はほとんど人が居ない。おとといの高松の喧騒が嘘のようだ。
移動は高速で飛ばす。でもギリギリ。箸蔵寺は、永遠の階段。一緒に行ったおじさんが「こんぴらさんの奥の院だからね」と。あーそうか・・・。こりゃ無理だと納経だけして戻った。ちょっと後悔が残る。
フェリー出航10分前に滑り込み。
まあともかく、108寺回った。別格がこんなに大変だったとは。20どころか、40くらいに感じた。
まあともかく、よかった。
posted by あるエンジニア at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2008年05月06日

今日は疲れた



今日は7時から、飯もなしでずっと走りっぱなし。300キロ以上は走った。
別格4~1番へ逆順に。通りがかりなので、23、22番も。別格は非常に行きにくい所ばかり。本当に疲れた。
宿は5番に近づいたとこ。温泉入ったらもうねむ。
明日は5番、15番を高速で走りなんとかする。
徳島港に間に合うのか?まさにギリギリの勝負。
posted by あるエンジニア at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2008年05月05日

結願

朝はちょっと遅く、出たのは8時半。でも朝のうちは雨だったらしい。結果オーライだ。
84~88番。こどもの日は観光客でいっぱい。香川では寺も観光スポットらしい。ちょっと読経がやりにくい。
そして88番、大窪寺。向かう時に雨になり、離れたら止んだ。なぜだろう。
結願の喜びは、あとからふつふつと。別格20番の大瀧寺に向かうヘルメットの中で叫んでいた。
さあ、あと別格が6寺あるが…一番まわりにくいと考えた鯖大師の近くに宿を取った 。隣の部屋のいびきが良く聞こえてくる。これで5000円っておかしくないか。
高野山は無理かなー。どうしよう。
posted by あるエンジニア at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2008年05月04日

洗濯と休息中



海岸寺の書庫は整理がいまいちだが、沢山あった。マンガ空海がおもしろかった。
大部屋はいびきのカルテット。耳栓はあまり効果がない。
6時過ぎには出た。
向かうは75番、善通寺。いよいよ総本山に来たな、という感じ。
善通寺市あたりは寺が密集。調子よくまわれた。別格は19番。83番の一宮寺を出たのは16時ちょい過ぎ。次行けるつもりが、高松の中心に近づくにつれ道は混む、迷う、暑いで時間切れ。まあしょうがない。
今夜は高松市内の、割と高いビジネスホテル。快適極まりない。溜まった洗濯しなきゃ。
posted by あるエンジニア at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2008年05月03日

海岸寺にて

今日は完全寝坊。10時に掃除の人に起こされる。
こんぴらさん観光はせず、お遍路へ。
それにしても暑い。いつもの四国の気候だ。
別格17~18番。海岸寺の裏は、名前の通り、気持ち良い海岸。
71~74番と、なかなか進まなかった。初めの弥谷寺は、つらいつらい階段が。暑さで頭がふらふらしてくる 225/45R18 BRIDGESTONE ブリヂストン REGNO GRV2 レグノ GRV-2 WORK EMOTION T7R ワーク エモーション T7R サマータイヤホイール4本セット。そんなこんなで、無理はしないようにした。
宿がGWでどこもとれない。結局海岸寺に戻り、宿泊。
明日こそ早起き!しかし相部屋だから迷惑かな。
posted by あるエンジニア at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

静かなこんぴらさん

銀行やら寄って、帰り着いたのは1日の11時半だったかな。
支度して、オイル交換の間に、松屋行って、首都高には15時。ちょっと遅れ気味。
東名をひたすら走った。とにかくひたすら走った。眠いということは、考えない事に。
関西に土地勘がない分焦ったけど、神戸港にはほぼ時間どおりに到着。
フェリーがなかなか出なかったが、やっと出航。船内でさぬきうどんを食べて、寝た。
次の瞬間、高松港へ。陽は登りきっていない 【送料無料】 235/55R19 19インチ CRIMSON クリムソン RS DP CUP マルチピース 8J 8.00-19 DELINTE デリンテ DS8(限定) サマータイヤ ホイール4本セット。
高速で移動、またうどんを食べた。
仙龍寺へ 17インチロードスターND5RCWEDS ウェッズスポーツ SA-72R ブルーライトクローム2 7.0Jx17ディレッツァ DZ102 205/40R17。早速一車線国道。あせるな、そんなことに意味はない。
別格は13~16番。箸蔵寺は大分遠回りなのでまた今度。
郊外で走りやすく、65~70番まわれた。
こんぴらさんの近くのホテルへ。18時でまだ明るい。二日ぶりに風呂に入ったらぶらぶらしようと思ったが、明かりもテレビもつけたまま、気づいたら夜中。外に出ても、車も人も一切居ない。暗い。コンビニもない。飯はいいや。飲み物だけ。
こんぴらさんの山に明かりが見える。もうすぐ、二日目だ。
posted by あるエンジニア at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2008年04月13日

第十四番札所 常楽寺

第十四番札所
盛寿山 延命院 常楽寺 (せいじゅざん えんめいいん じょうらくじ)

バイクで直ぐ。平地の街に戻ってきました。

岩の上?

本堂

一休さん

ん?この一休さん、目が違うな・・・

再び街に戻り、このあたりは霊場が連続しています。
今朝の山奥の焼山寺からは想像できなかった。

御詠歌
常楽の岸にはいつか到らまし
弘誓の船に乗り遅れずば
posted by あるエンジニア at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2008年04月12日

第十三番札所 大日寺

第十三番札所
大栗山 花蔵院 大日寺 (おおぐりざん けぞういん だいにちじ)

居こごちが良く、つい長居をしてしまった焼山寺を出たのは11時。先を急ごう。

こんな道を行く

次は軽井沢・・・じゃなくって、大日寺へ。

ちょっと道の駅へ

お寿司を頂きます

この旅は、肉類を口にしないことにした。
それにしても暑い!

28度!?

プロトレックの温度計は、28度を指している。
四国はゴールデンウィークで、こんなに暑いのか。

瓶コーラ

瓶コーラ発見! さすが四国。水分補給しながら進みます。
なぜか小さい写真になっていますが・・・

さあ、大日寺へ。意外と近くだった。

門前

境内の様子

ちょっと余裕がなくなっていた私は、この程度の写真だけしか撮れなかった。


御詠歌
阿波の国一の宮とはゆうだすき
かけて頼めやこの世のちの世

2007年09月05日

「十善戒」とは

遍路にあたって、十の誓いがある。
それを「十善戒」(じゅうぜんかい)という。
おおよその意味は以下の通り。

(1) 不殺生(ふせっしょう)殺生しない
(2) 不偸盗(ふちゅうとう)盗みをしない
(3) 不邪淫(ふじゃいん)邪淫はしない
(4) 不妄語(ふもうご)嘘をつかない
(5) 不綺語(ふきご)お世辞をいわない
(6) 不悪口(ふあっく)悪口をいわない
(7) 不両舌(ふりょうぜつ)二枚舌を使わない
(8) 不慳貪(ふけんどん)欲張らない
(9) 不瞋恚(ふしんに)怒らない
(10)不邪見(ふじゃけん)誤った考えをおこさない

仏教の教えではあるけれども、生きていく上で、基本的で重要な考え方である事がわかるでしょう。
もっとつっこんだ話をしたいのですが、修行中の私にはまだそれを読み解くことが出来ていません。現代語で書かれている以下でもうちょっと突っ込んで欲しい。絵の色々なところをクリックしてみて。

十善戒絵解き図 解説

最近はこの「十善戒」を心に留めて、生きていくようにしています。
そうすると、なんだか気が楽になってきました。
煩悩は自分を苦しめるだけ。
そんなことに、気付かなかった。
posted by あるエンジニア at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2007年08月25日

第十二番札所 焼山寺

第十二番札所
摩盧山 正寿院 焼山寺 (まろざん しょうじゅいん しょうさんじ)

藤井寺を出たのは8時ちょい過ぎ
出てさっそく迷い・・・
でも村人はほとんど見かけず、聞くことも出来ない。


こんな景色

こんな道や

こんなみち

なんだか林道ツーリングな感じに。
この道で合ってるのか?という疑問を持ちつつ、途中出合った自転車お遍路さんに道を聞く。さらに歩きお遍路さんにも。

村から

村へ

あと19キロ

展望

道案内を信じて進め

道案内沢山

これでもか!という道案内の看板

駐車場

着いた!
時間は10時過ぎ。2時間もかかってしまった。
ここで初めてバイク遍路のお仲間を見かけるが、忙しそうだったので声はかけなかった。
午前10時にして既に疲れ気味だが、元気出して行こう!

作ったばかりの?石像

駐車場からの参道

左側、こんな景色を見ながら

門が見えてきた

ここまで約10分、そんなにきつくない散歩道。
途中へびがいてびっくり

門からのぞく杉の木

境内

すごい立派な杉の木が沢山!

一休さん

本堂

水場

池の金魚

振り返った風景



このお寺、なんだか、とても印象的。
なんだろう、このなんともいえない感じは。
ついつい長居をしてしまった。

門前でぱちり

シャッターを頼まれ、お返しにと撮ってもらう。
ということで、めずらしく自分の写真。
なんだか手ぶら風に写ってるけど、左肩から右腰にたすき掛けしたかばんを持っています。
中の色々な道具の紹介はまた今度。

御詠歌
後の世を思えばくぎょう焼山寺
死出や三途の難所ありとも
posted by あるエンジニア at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2007年08月18日

第十一番札所 藤井寺

第十一番札所
金剛山 藤井寺 (こんごうざん ふじいでら)

寺の朝は早い。六時半に朝食。
近くに座っていた女性と話したら、なんと同行二人で歩きだという。
どこからどう見ても遍路などしそうもない、細身の20代半ばくらいの娘だ。
そりゃあしんどいでしょ?という話をしたが、やさしく微笑むだけだった。
彼女に何があったのかわからないが、みなそれぞれの想いを抱いているのだろう。深く聞いてはいけないよな。
ここでは互いの健闘を祈った。

ここは遍路用品の売店が充実している。特に買うものは無いが「無事かえる」のお守りを買った。
よっしゃ行くべ!
出発したのは7時少し前。

朝から大賑わい

お見送りのお大師様

しかし藤井寺への道にちょっとまよってしまう。
地元の方の軽トラに先導してもらい、やっと着いた。
ここの駐車場は有料。

門にはわらじ


水場

内側にいたかたつむり

大賑わいの境内

一休さん

百度石

お遍路百回記念に立てるのかな?
相当古いものじゃないだろうか

藤棚

寺号お約束の藤棚ですな。
バスツアーが来ていて、納経所で時間がかかってしまった。
なんとか対策はないものだろうか。

さあ次は、阿波一番の難所、へんろころがしといわれる焼山寺。
いよいよ街を離れます。

御詠歌
色も香も無比中道の藤井寺
真如の波のたたぬ日も無し
posted by あるエンジニア at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2007年08月14日

第六番安楽寺宿坊

さて、第六番の安楽寺には宿坊があり、今回はそこに泊まります。
予約は簡単。電話して必要事項を言うだけです。
基本的に相部屋です。

十番から戻るのにはそれほど遠くありません。
田舎道を楽しみながら走ります。

こんな風景や

こんな塀や

四国の風景を楽しみながら進みます。

宿坊の部屋

妙に広い部屋に通された。
ひとりではもてあますな。

注意書き?

さっそくお風呂へ
これは温泉かな・・・?
そういえば「温泉山 瑠璃光院 安楽寺」が正式名称だな
バスでやってきたと思われる子供が風呂場で大騒ぎ。あぁー遍路に来てこんななのか・・・
夕食は18時から

夕食

うまーーーい!!
なんてうまいんだろう・・・食事ってありがたいな
こうやって感じられただけでも、意味があったと思う。
ビールやお酒も別料金で飲めるようだ。私は止めておいた。たまにはそんな期間もあっていい。
個人客はかたまっているので、周りの人と話も弾む。
バスの団体は別の部屋で食べていた。ざっと100人くらいいただろうか。



食事の後、遅く到着した大学生と相部屋になった。
彼はろくな地図も持たず、宿泊地も決めず歩いていたようだ。
若さのなせる無鉄砲さだな・・・
道端で会った人にこの宿坊を教えてもらい、電話をしてくれ、おまけにここまで車に乗っけてもらってきたとか。
四国の人は親切だなー。
夜のお勤めもすませ、彼と色々話しながらも、9時過ぎには床に。
遍路一日目、あっという間に深い眠りに。
posted by あるエンジニア at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2007年08月12日

第十番札所 切幡寺

第十番札所
得度山 灌頂院 切幡寺 (とくどざん かんじょういん きりはたじ)

到着が16時20分。あらら時間がないぞ。

参道

あれ?333段って書いてある!?
うーん、こりゃあ急ぎで登るにはきついぞ。

お接待の花

参道には野の花?が咲いていて、お接待してくれているようです。

段々急になる階段

登るほど急になり、しんどい・・・
それでも10分ほど登ると、やっと境内が見えてきました。

本堂

一休さん

太子堂

城壁のような土台

さあ終わりだ!

なんとか間に合ってよかったー。
通常7~17時の間しか、納経をしてもらえません。
納経にこだわらないのであれば、その前後でもお参りできるところが多いようです。
さあ今日はここまで。
六番の宿坊へ。

御詠歌
欲心をただ一筋に切幡寺
後の世までの障りとぞなる
posted by あるエンジニア at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2007年08月08日

なんとか炎症

台風登山遍路以来、痛かった右のアキレス腱の診察を受けた。
そしたらなんとか炎症という。普通ランナーなどがなるとか。
治療には時間がかかると言う。会社に行くのはしょうがないとして、休みにバイク乗ったりは出来ないのかなあ。
posted by あるエンジニア at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2007年08月06日

東京港


昇る朝日
さあ、これからだ。

気合が入ったところで、一度帰ってから、会社へ・・・

2007年08月05日

思い残す事なし!


今日も朝早く起きて…と思ったが、体が言うことをきかない。
それでも気力で七時前に出た。天気はやっと晴れ。
写真はその時、朝焼けの中走る影。
残してしまった六十番を、表の有料林道から行く。ここも結構厳しい道。時間がかかり焦る。
フェリーの時間は迫っている。汗を垂らしながら、登り下り。
急ぎで高速に乗り、真ん中のジャンクションを徳島道に行くが、なんと一車線!?
笠つきジェベル君が壊れそうな音がするが、完全ノンストップで走り続ける。しかし一車線、スピードは上がらない。
フェリーターミナルでは最後の最後で受付。出航15分前のギリギリさ。危なかった~。
結局愛媛全部ではなかったが、ほとんど回れて良かった。六十五番は讃岐のうちだべ。四十番が土佐のうちと一緒。台風の中よくやったよ、うん。
いやー足痛いな。そういえばか朝から何も食べてない。これも修行なのか。
posted by あるエンジニア at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2007年08月04日

遍路ライダー爆走中


写真は別格十番興隆寺山門でおすまし?な感じで。
笠を被ると、急にお四国さんっぽくなる。地元の人は、お遍路さんと言うより、お四国さんと言うことも多い。
朝早く出て、七時ちょい過ぎには五十七番へ。薄曇りだが雨もなく、比較的接近していて、五十九番までと、別格十、十一番と調子よく。
なんとなく入った十一番門前の食堂。鯛釜飯がなまらうまい!おまけなのに小うどんもうまい!
すっかり調子づいたその足で、山の上にある六十番へ向かう。裏道?を行くが、行き止まり…遍路はそんな甘くない 【送料無料】 255/45R20 20インチ AMISTAD アミスタット ライエン S05 8J 8.00-20 DELINTE デリンテ D7 サンダー(限定) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション。
とりあえず道路沿いに周り六十一から六十四番まで。
途中突然の雷雨に合うが、台風うさぎより百倍まし。こんなんじゃ負けん!
さらに最後に別格十二番に滑り込んだ。
凄い疲れたが、なんだか凄い充実感。前の休憩スペースで宿を決め、ふと寺を見ると、不思議な現象が。
入口にある大きな木の周りを、多くのツバメが飛び回っているのだ。でも枝には止まらない。ただ、とにかくずーっと、周りを飛び回っているのだ 【受注生産】【グレイス Grace】エスティマ (7人乗) 等にお勧め ネクストライン ボーダー シートカバー 1台分 スタンダードバージョン 専用PVCレザー 型式等:GSR50W / GSR55W / ACR50W / ACR55W 品番:CS-T012-G。あれは一体何だったんだろう。
宿はそこから六十番方向に戻った所。国道11号で夕日に向かって走ることになる。伊予の旅で、やっと見せてくれた綺麗な夕焼け空を見ながら、ヘルメットの中で充実感をかみしめていた。
宿では一階の居酒屋で一人祝杯を。そこで出会ったやはり遍路でライダーという人と情報交換。
なんて充実した一日!
明日は徳島からフェリーに乗る。
posted by あるエンジニア at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2007年08月03日

まだ雨だか


写真は笠つき遍路号。
今日も昼過ぎまで雨が続いたが、風はまあまあおさまった。という事で、笠を入手。
これがなかなかいい。軽いし、雨も日差しも防げる。
しかしやはりなかなか進まない伊予道中。
回れたのは、やっと五十六番まで、別格はなし。
とりあえず目標を県内までとし、なんとか明日までに…
あと九寺もあり、別格も三寺。
六十番いかにもきつそうだな~
マジ6時出発だな。
posted by あるエンジニア at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |

2007年08月02日

伊予のうさぎ


かわいい?はずの台風うさぎは、松山付近にやって来た。
朝から前もまともに見えないくらいの大雨を降らせ、風も吹いた。
四十五番岩屋寺では、登山道と言える参道はひどく急で、石は滑り、マジで泣きそうだった…今までで最も苦しい札所だったな。
かっぱを着てもパンツまでぐっしょり。財布の中のお札も濡れた。地図はともかく、納経帳がふにゃふにゃなのはまいった。
これも修行か。
なんとか、四十九番まで、別格は九番。
予定より伊予に手間取っているな。
posted by あるエンジニア at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | henro | |
- 1 2 3 >>
プロフィール
名前:あるエンジニア
誕生日:1972/3/2
一言:このブログのテーマは提案です。
表ブログ:http://aneng.seesaa.net/
記事検索
<< 2009年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-48264